最近よく耳にするようになったAGA。

AGAとは「男性型脱毛症」のことですが、自分がAGAなのかはもちろんのこと、AGAかもしれない自分がどんなことをすればいいのか分からない方が大半だと思います。

本記事を読んで、少しでも参考になれば幸いです。

AGAが軽度の方向け治療法

「最近髪が少なくなって来たかも?」と感じ始めた人は軽度なAGAの可能性があります。

髪の毛の生え際に産毛が増えてきていることも確認すると良いでしょう。

この傾向に当てはまる人は、以下の対処が有効になります。

①育毛シャンプー

頭皮改善を目的としたシャンプーです。

血流改善や抗炎症に特化しており、髪の毛を生やすというより「抜け毛を減らす」ことに重点を置いてます。

抜け毛が気になっている方は、まずはシャンプーを変えてみて抜け毛を減らすことから始めるとよいと思われます。

②育毛剤・発毛剤

育毛剤と発毛剤ははっきりと違うので、間違った使い方をしていると力を発揮できません。

きちんとした知識を身に着けたいものです。

発毛剤

医薬品

新しく毛を生やす発毛効果がある発毛効果。

今ある毛を丈夫に育てる効果がある育毛効果。

毛を抜けにくくする脱毛の予防効果

発毛剤には発毛効果が認められています。
髪の毛を生成する細胞に直接働きかけ、新しい毛を生やすことが期待可能です。

育毛剤

医薬部外品

新しい毛が生えるのを補助する発毛促進効果

今ある毛を丈夫に育てる効果がある育毛効果。

毛を抜けにくくする脱毛の予防効果

育毛剤の効果には、発毛を促進する効果があり、頭皮の血行促進や改善を行ってくれます。

ですので、抜け毛予防や太い髪の毛を作ることはできますが髪の毛を生やすことはできないので注意が必要です。

③育毛メソセラピー

薄毛部分にレーザーや超音波をなどを使い、育毛に必要な成分を浸透させる治療法です。

発毛促進物質を注入するので効果は期待できますが、施術が非常に高価なのと、毛包が必ず残っていることが必要なのがデメリットでもあります。

AGAが重度の方向け治療法

額が目に見えて後退していると感じ始めた方は、軽度の対処法では治らない所までAGAが進行している可能性があります。

こうなって来ると、薬による治療や別の方法を考える必要があります。

④ミノキシジル・フィナステリドの服用

ミノキシジルはもともと経口血圧降下剤として使われていたのですが、副作用として多毛症を引き起こすことが発見されました。

その後は、某有名育毛剤に配合されている成分からも分かるとおり、頭皮・毛髪に効果のあることが証明されました。

フィナステリドは内服薬になり、ミノキシジルと併用することでAGAに高価があるといわれています。

⑤植毛

ポリエステルなどの合成繊維で作られた人工毛髪植毛と自身の毛を薄い部分に移植する自毛植毛があります。

薬やシャンプーなどで効果がでなかった場合の、さらなる手段として考えられます。

ただし、AGAの進行は防ぐことはできませんし、進行が続けば抜け落ちる可能性もあります。

⑥かつら

手軽に費用もそんなに掛けずに薄毛を克服したい方にはおすすめです。自分の毛質に合わせてオーダーメイドすることも可能です。

AGAの進行が重く、髪毛が生えてくるのが難しい方は検討してみてもよいかもしれません。

悩んでいる方は、まずは相談をおすすめします!!

AGAは自分での判断が難しい症状です。

遺伝や外的要因が関わってくるため、専門家による診断によって確実に分かるものなので、不安に思っている方、迷っている方は無料カウンセリングを行ってみてはいかがでしょうか。

自身の髪の状態や将来的な症状の進行状況を理解することがAGA予防の第一歩です。
現在の状態を確認してからでも、対応を考えるのは遅くないので、まずはその悩みを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。