多くの男性が抱える悩みの1つに薄毛や育毛などがありますが、皆さんの中には・・・

「いずれ自分も薄毛になってしまうのではないか」
「本当にこの育毛対策は効果があるのか?」

と心配されている方もおられるのではないでしょうか?

薄毛は、男性ホルモンや遺伝の影響の他、様々な原因で起きてしまいます。

なので原因を知って対策していけば、薄毛の改善や育毛効果を期待できるんです。
そこでこの記事では、薄毛や育毛をダメにする抜け毛の原因が増えた時の対処方法などを解説していきます。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにしている主な原因とは?

薄毛・抜け毛や育毛をダメにしてしまう原因として、男性ホルモンや遺伝の影響が考えられ、他にも様々なことが原因になって起きています。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする主な原因は以下の6つがあります。

①DHTと呼ばれる男性ホルモンの影響
②母方の祖父・曽祖父の薄毛が遺伝している
③運動不足で頭皮の血行が悪くなっている
④高脂質・高カロリーのものばかり食べる
⑤寝不足や長時間労働でストレスが溜まっている
⑥紫外線やシャンプーなどの外的刺激

それでは順番に原因について解説していきます。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因①DHTと呼ばれる男性ホルモン

薄毛などの原因には男性ホルモンが大きく関係しているとされています。

男性ホルモンにはジヒドテストステロン(DHT)とテストステロンの2種類があります。

テストステロンに関しては、モテホルモンと呼ばれていて、もう片方のジヒドテストステロンは薄毛や育毛をダメにする原因とされています。

ジヒドテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結合して生成されてしまう悪玉男性ホルモンで、前立腺疾患や男性型脱毛症などの原因になるとされています。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因②遺伝の関係

遺伝は親や祖父母から顔や体型のパーツ・性格などの要素を引き継ぎますが、実は薄毛も遺伝します。


特に母方の祖父・曽祖父に薄毛の方がいる場合は、その子孫が薄毛になる可能性が出てきます。


更に祖父・曽祖父両方が薄毛だとその確率がさらに高くなってしまいます。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因③運動不足

髪の毛の育毛には栄養や酸素が必須となりますが、頭皮の血行が悪いとその栄養や酸素が頭皮へ行き届きにくくなり、薄毛・抜け毛や育毛をダメにしてしまいます。

頭皮の血行が悪くなる原因は、ストレスもありますが、近年では運動不足が原因となっている場合が増えているんですね。

例えば、デスクワークで椅子に座り続ける事が多い方は、身体を動かす機会が少ない為、肩こりなどによって血行が悪くなる傾向があるため注意が必要です。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因④高カロリーの食べ物

日頃から栄養バランスの偏った食事をしていると、

頭皮環境が悪化して、薄毛・抜け毛や育毛をダメにしてしまいます。
また、髪の毛は食事などで摂取した栄養によって育毛促進するため、髪の毛に必要なミネラル・ビタミンやタンパク質が不足することで髪の毛自体が細くなり弱くもなっていきます。

特に高脂質・高カロリーの食べ物ばかりを摂取すると、頭皮がベタつき毛穴に詰まってしまい、薄毛を助長する原因となります。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因⑤ストレス過多

ストレス社会と呼ばれる現代は、ストレス過多になることで自律神経が乱れて交感神経が優位になり、血管が収縮することで血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなることで先述で説明した通り、髪の毛に栄養や酸素が行き届きにくくなり、薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因になります。

他にもストレスによる皮脂の過剰分泌によって、毛穴の詰まりや炎症などのトラブルになる可能性もあり薄毛になってしまうケースもあります。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにする原因⑥紫外線等のダメージ

薄毛や育毛をダメにする原因には、頭皮に合わないシャンプーや紫外線などによる外的刺激を受けることで起きてしまうケースもあり、特に紫外線が強くなる夏場には一時的に抜け毛が増えたりもします。

紫外線による頭皮ダメージを放置すると、乾燥や炎症を引き起こして頭皮環境が悪くなるため頭皮を保湿したり、紫外線対策を行うことが重要となります。

また、石油系界面活性剤などを使用した洗浄力の強いシャンプーは、必要とされる皮脂までも洗浄してしまい、頭皮の乾燥が起きる原因となるため注意が必要です。

薄毛や育毛をダメにしつつあるかも?兆候を把握する

ここまで6つの薄毛の原因についてお話してきましたが、

実際に抜け毛や薄毛が進行することでどのような兆候が見られるのでしょうか?

ここからは薄毛が悪化する以前に対策できるよう、薄毛の兆候についてご紹介していきます。

以前よりも髪の毛が細く弱々しくなった

シャンプー時や手櫛をしたときに、髪の毛のハリやコシがないと感じる時や、髪が細く弱く感じる場合は薄毛が進行中なのかもしれません。

髪の毛の元気がなくなると、ワックスで髪の毛をセットする時も上手にまとまりません。

セットしづらいかどうかも薄毛の兆候の1つとして覚えておくと良いでしょう。

生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなった

昔と比較して、生え際が後退してきた場合や、頭頂部のボリュームが少なくなったと感じる場合は、これも薄毛に近づいている兆候だと言えます。

生え際の効果はM字ハゲ、頭頂部のボリュームが少ない場合はO字ハゲと言われる薄毛に発展する可能性があるため、これらの兆候が見られる場合は、発毛・育毛サロンなどに相談されることをおすすめします。

乾燥やベタつきなど頭皮環境が悪くなってきた

季節問わずに頭皮が乾燥しやすくフケが出るといった場合や、痒み、赤みを引き起こすことが多い場合は頭皮環境が悪化していることがあるため、放置したままにしていると薄毛に繋がりかねません。


また頭皮が乾燥していることで、不足した油分を補おうと、皮脂が過剰に分泌されてしまい頭皮がベタつき毛穴詰まりの原因に繋がる恐れもあります。


使用しているシャンプーやトリートメントが合っていない可能性があるため、乾燥やベタつきに悩んでいる方はヘアアイテムの見直しを行うと良いでしょう。

薄毛や育毛が気になりだしたら!対策方法や改善すべき習慣

最近、髪の毛が少なくなってきた気がする方は、今回ご紹介した原因の中に思い当たる節がありませんか?


それでは、実際に薄毛が気になりだした場合、どういった方法で対策していけば良いかをご紹介していきます。

薄毛・育毛対策①生活習慣を改善する

身近な薄毛対策として、まずは生活習慣の見直しをすることや、栄養の偏るような食生活の見直しを行うことです。

髪の毛の成長ホルモンは就寝中(特に午後10時~午後2時の間)に分泌されるために、寝る時間が遅い方や夜ふかししがちな方は睡眠を見直すようにしましょう。

他にも運動不足になっていると頭皮の血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなるため、定期的に時間をみつけてウォーキングなど軽い運動をすると良いです。

また髪の毛の成長には、ミネラル・ビタミン・タンパク質が欠かせないと言われているため、普段の食事の中でしっかりと摂取できているかどうかを確認するようにしましょう。

薄毛・育毛対策②生活習慣を改善する

洗浄力の強いシャンプーを使っている場合は頭皮の乾燥が起きる場合があるため、肌の弱い方は石油界面活性剤やアルコール配合のシャンプーは使用しない方が良いです。

また頭皮が乾燥することで、皮脂の過剰分泌を引き起こす原因になるため、頭皮の乾燥・ベタつきにお悩みの方はアミノ酸系シャンプーを使用する方が良いです。

薄毛・育毛対策③発毛・育毛サロンに相談してみる

生活習慣・食生活・使用しているシャンプーを変えたりしても、上手く改善されない場合は、発毛・育毛サロンに相談して適切なケアを受けることをおすすめします。

発毛・育毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センター鹿児島中央店は、各サロンに発毛技能士が在籍しいて1人ひとりの薄毛の原因に合ったケアをご提案させていただきます。

薄毛・抜け毛や育毛をダメにしている主な原因とは? まとめ

薄毛の原因には、主に以下の6つがあります。

①DHTと呼ばれる男性ホルモンの影響
②母方の祖父・曽祖父の薄毛が遺伝している
③運動不足で頭皮の血行が悪くなっている
④高脂質・高カロリーのものばかり食べる
⑤寝不足や長時間労働でストレスが溜まっている
⑥紫外線やシャンプーなどの外的刺激

このように薄毛の原因には、様々なものがあるので、髪の毛が薄くなってきた方や抜け毛が増えたと感じている方は、当てはまるものがないか確認されることから始めると良いです。

また薄毛の兆候として、髪の毛が細く弱々しくなる、頭皮の乾燥・ベタつきなども挙げられるため、思い当たる節がある方はできるだけ早く発毛・育毛サロンでのケアをおすすめしています。

生活習慣や食生活を見直すことで抜け毛が減るケースもありますが、自分自身で対策を行っても改善が見られない場合は、スーパースカルプ発毛センターくまなん店・光の森店にお任せください。